ベンゾジアゼピン系睡眠薬についてしっかり説明します

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

処方の場では、不眠治療の中心となり多く使われています。

これが効かなくなったり、これが無かったら眠れなくなったりと、耐性や依存はよく発生していると感じます。

GABA(抑制性の神経伝達物質)を活性化することで感情、睡眠、意識に働きかけ、症状を緩和します。

ただ、意識に作用するので、前述した「せん妄」を悪化する恐れがあるので注意が必要です。

よく、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は軽いお薬として出されることがありますが、その観点を踏まえると、そうではないと思います。

なので、難しいのですが、早めに中止することができればそれが良いです。

この系統のお薬は、作用時間などの違いにより、多くの種類があります。

1.超短時間型:速効性があり、作用は2~4時間
作用が短く、夜間覚醒時の追加投与も比較的安全にでき、旅行時の一過性不眠などにも適します。しかし、中断により不眠状態となり、中止が困難になる場合もあるので注意が必要です。
【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ハルシオン(トリアゾラム)

2.短時間型:まずまずの速効性で、作用は6~10時間
日中不安が少ないので使いやすいといわれています。
【薬剤例(カッコ内は成分名)】
レンドルミン(ブロチゾラム)
リスミー(リルマザホン)
エバミール・ロラメット(ロルメタゼパム)

3.中時間型:速効性はあまり無く、作用は12~24時間
日中の抗不安も期待できますが、連用により蓄積があり、注意が必要です。
【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ユーロジン(エスタゾラム)
ベンザリン・ネルボン(ニトラゼパム)
ロヒプノール・サイレース(フルニトラゼパム)

4.長時間型:速効性はほとんど無く、作用は丸一日以上
日中の抗不安作用も強く、長時間の頑固な不眠や睡眠薬からの離脱にも使われたりしますが、持ち越し効果に注意が必要です。
【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ドラール(クアゼパム)
ダルメート(フルラゼパム)
ソメリン(クアゼパム)

睡眠障害を漢方薬で改善する方法>>

睡眠障害を生活習慣で改善する方法>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする