日常生活で高血圧を改善しよう

高血圧は生活習慣で改善

高血圧を体質から改善するためには、これが一番大切なところになります。

1.食生活の改善
濃い味付け中心で、塩分が多く野菜不足の食事から、塩分を極力控えて野菜を増やす食事へ変えるのが理想です。と医療機関では指導されています。

減塩!減塩!と言われ、減塩の食品を買われている方も多いと思います。

確かに、野菜に関しては、増やすよう意識することは大切だと思いますが、塩分に関してはどうでしょうか。

塩分を多く取ると、血液中の塩分濃度が上がり、血液中に水分が取り込まれ、血液量が増え、心臓の負担が増えることで血圧は上がります。

これが、減塩!減塩!といわれる理由です。

ただ、塩分の過剰な分は尿として出て行くので、一時的に高くなった血圧は自然に下がります。体内の塩分濃度は一定に保たれるようになっています。

なので、さほど問題ありません。

では、何が問題かというと、塩化ナトリウム単体(化学調味料のグルタミン酸ナトリウム、イノシン酸ナトリウムなど)でとってしまうことで、ミネラルバランスがおかしくなり、上記の排出機能がうまく働かなくなります。

これを過剰摂取し続けることで、高血圧状態が続いてしまいます。これがいけません。

では、どうしたらいいでしょうか。

おススメはミネラルバランスの取れた塩を使うことです。

通常、塩といったら、ほとんど、スーパーの食塩(精製塩)を思い浮かべるのではないでしょうか。

食塩は、塩化ナトリウムを基本としたもので、ミネラルがほとんど取り除かれていて、バランスが良いとはいえません。電気分解などして精製された人工的な塩です。

おススメは、天然塩です。人工的でなく、天日干しで乾燥させて作られる製法です。天然なので、マグネシウム、カルシウム、カリウム、などミネラルが豊富に入っています。

次に、血圧が上がる根本の原因は、血の巡りが悪い(血液ドロドロ)ことで、心臓から血液を送り出す力が強くなることが一番の原因といわれています。

血の巡りを悪くするのは、様々な原因があります。

例えば、高脂肪食品、お菓子、甘い飲み物、動物性食品などは、血液を酸性に偏らせます。結果、血管が老化し、血の巡りが悪くなってしまいます。

なので、こういった食べ物をなるべく意識して減らすように心がけるといいと思います。

砂糖を意識的に減らすだけでもだいぶ違うかもですね。(白砂糖に関してはミネラルは全く無く、代謝過程で体内のミネラル、ビタミンが消費されます。)

2.ストレスを溜めない
仕事、家事などでストレスが溜まるのはしょうがない所はあると思います。

なので、できたらたまに息抜きをするのがいいと思います。公園を散歩してみたり、自然の中で過ごしてみたり、温泉にいったりと、それぞれの人にあった方法を探してみてはいかがでしょうか。

時間がない方は、アロマなどスッキリする香りやリラックスする音楽など試されてみてください。

3.毎日適度な運動を行う
ポイントは適度です。1日30分くらい軽く汗をかくくらいの運動をしましょう。激しい運動は避けましょう。

4.睡眠をしっかりとる
眠っている間は血圧が低くなります。ゆったり体を休めましょう。できたら睡眠時間は7時間~9時間がいいです。

5.タバコとお酒は控える
タバコは血圧を上昇させ、長く続けると血管も詰まりやすくなるので、できれば禁煙がおススメです。お酒は大量に飲むのを続けたりしないで、適量飲むくらいならいいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする