高血圧薬の中で一番多く使われているCa(カルシウム)拮抗薬

Ca(カルシウム)拮抗薬の種類と副作用

様々な高血圧薬の中で一番多く使われているお薬です。

降圧効果が最も強く、副作用も少ないため、多くの症例で第一選択薬として用いられています。

合併症の有無に関わらず他の降圧薬と併用しやすく、例えば、糖や脂質の代謝に悪影響が無いため、糖尿病や高脂血症で高血圧を合併している方によく用いられます。

また、臓器の血流を改善する効果もあり、脳卒中や腎臓病を合併する高血圧の方に適しています。

1.ジヒドロピリジン系
主に血管選択性が高く、血管を拡張し、心臓に対しての作用はほとんどありません。
成分名の最後に「ジピン」がつきます。
【薬剤例(カッコ内は成分名)】
アダラート(ニフェジピン)
コニール(ベニジピン)
アテレック(シルニジピン)
ノルバスク(アムロジピン)
カルブロック(アゼルニジピン)
など

【適応症】
高血圧症、狭心症

【副作用】
浮腫、動悸、食欲不振、頭痛、ほてりなど。

2.ベンゾジアゼピン系
血圧を下げる作用はやわらかく、狭心症に用いられます。頻脈傾向の方に効果的です。
【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ヘルベッサー(ジルチアゼム)

【適応症】
狭心症、異型狭心症、本態性高血圧症

【副作用】
徐脈、動悸、浮腫、発疹、ほてりなど。

3.フェニルアルキルアミン系
心臓の選択性が高く、心臓の負担を減らします。主に不整脈に使われることが多いです。
【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ワソラン(ベラパミル)

【適応症】
頻脈性不整脈、狭心症、心筋梗塞、その他の虚血性心疾患

【副作用】
徐脈、動悸、浮腫、発疹、ほてりなど。

高血圧を漢方薬で改善するコツ

高血圧を生活習慣で改善させる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする