天王補心丹の効能や副作用など

天王補心丹

【特徴】
名前の通り心を補い、心神を安定させる漢方薬です。

【効果】
体質虚弱な人の次の諸症 :不眠、不安感、肩こり、息切れ、動悸、口渇、便秘

【飲み方】
成人(15歳以上)1日3回、1回8丸、毎食間に服用。

【成分】
酸棗仁(サンソウニン)地黄(ジオウ)柏子仁(ハクシニン)麦門冬(バクモンドウ)天門冬(テンモンドウ)当帰(トウキ)遠志(オンジ)茯苓(ブクリョウ)五味子(ゴミシ)丹参(タンジン)玄参(ゲンジン)党参(トウジン)桔梗(キキョウ)

【現場からの意見】
てんのうほしんたん
体の代謝のバランスが崩れ、体に熱がこもり、血や水が不足すると、精神が不安定になり、不眠(寝付きが悪くてすぐに目が覚める)、夢が多い、驚きやすい、動悸、焦り感、イライラ、頭のふらつき、手足のほてり、耳鳴り、寝汗、喉の乾燥、便秘などの症状が現れます。

また、男性では、性欲減退、女性では生理不順など起こす方も多いです。

この漢方薬は、不足した栄養を与える血や水を養い、体の熱を冷ましてくれ、体のバランスを整えてくれるので、上記の不快な症状が緩和される方が多いです。

体内に水分が足りず、熱がこもっているので、この漢方が合う方は、舌の苔は少なく、色は真っ赤なことが多いです。

また、生理周期が不安定な方の不妊症にも使われることもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする