冠元顆粒の実力はどれほどなのか

冠元顆粒

【特徴】
滞った血の巡りを強力に改善する効果がある生薬「丹参」が配合された漢方薬です。汚れてドロドロになった血液をサラサラにして、流れをスムーズにする働きがあります。

【効果】
中年以降または高血圧傾向のあるものの次の諸症:頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸

【飲み方】
成人(15歳以上)1日3回、1回1包を食間または空腹時に服用。

【成分】
丹参(タンジン)川きゅう(センキュウ)芍薬(シャクヤク)紅花(コウカ)木香(モッコウ)香附子(コウブシ)

【アドバイス】
血の巡りが悪いなと感じる方へ。

【現場からの意見】
かんげんかりゅう
元々、中国の経験をつんだ名中医師がそろって、脳心血管疾患をなんとか改善できないかと開発・研究され作成された「冠心Ⅱ号方」。

これにさらに改良が加わり、ストレス緩和作用や胃腸の働きを良くする生薬が改善されたことで、広範囲の症状の改善に使われるようになりました。

ポイントは何と言っても、血の巡りの改善です。この漢方薬に一番多く含まれている生薬である「丹参」。

それには下記ような作用があることが分かっています。

1.血管を拡張し、血液を増やす作用
2.血圧降下作用
3.血栓形成を防ぐ
4.血管粘度を下げる
5.血管を若く保つ
6.抗酸化作用

それゆえ、現場では、血の巡りの滞りが原因であることが多い、頭痛、肩こり、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、低体温、不妊症、シミ、目の充血、寝付きが悪いなど、これを飲んでよかったと言う方を数多く目にします。

この漢方薬はイスクラ産業株式会社から発売されていますが、別メーカーから発売されている丹参製剤では長城冠丹元顆粒というのもあります。

この漢方薬はツムラからは出てはおらず、中成薬と言われているものです。

中成薬
中成薬とは中国の伝統医学(中医学)で用いる漢方の代表的処方を飲みやすい形(錠剤、丸剤、顆粒剤、シロップ剤など)にしたお薬のことです。

中国で製造され、日本へ輸入されているものもありますが、日本の厚生労働省の厳しい承認基準に基づき、承認されたうえで販売されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする