中性脂肪の値を改善するお薬

中性脂肪の改善

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い状態を、以前は「高脂血症」といいましたが、現在では、「脂質異常症」といいます。

この状態をそのままにすると、余分な脂質が血管の壁にこびりつき、動脈硬化を引き起こしやすくなり、脳梗塞、狭心症、認知症、糖尿病、高血圧など様々な疾患を引き起こす原因になると言われています。

このことより、コレステロール値や中性脂肪値を正常の範囲内に収めて防ぎましょうという考え方が、今の医学の基礎の考え方です。

現在の診断基準は
LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値 140mg/dl以上
HDLコレステロール(善玉コレステロール)値 40mg/dl未満
中性脂肪(トリグリセライド)150mg/dl以上
参考:総コレステロール値 220mg/dl 以上
となっています。

スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)
コレステロールの合成酵素を阻害し、肝臓内のコレステロールの貯蔵を低下させます。特に、血中のLDLコレステロールが下がります。
ただ、どこまでLDLコレステロールを下げるかの検証は求められています。
現場では、このスタチン系が圧倒的に一番よく出ています。高血圧や糖尿病の方へはよく一緒に処方されています。

【薬剤例(カッコ内は成分名)】
メバロチン(プラバスタチン)
リポバス(シンバスタチン)
ローコール(フルバスタチン)
リピトール(アトルバスタチン)
リバロ(ピタバスタチン)
クレストール(ロスバスタチン)

小腸コレステロールトランスポーター阻害薬
小腸での食事および胆汁中のコレステロールを選択的に阻害し阻害します。コレステロール選択的でビタミンAやDの脂溶性ビタミンの吸収には影響がないと言われています。
また、インスリン抵抗改善効果や脂肪肝改善効果も期待できるとのことです。
現場では、比較的新しいお薬で、高価ですが、よく使われています。

【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ゼチーア(エゼチミブ)

フィブラート系
中性脂肪を下げる働きが大きいです。また、総コレステロールも下げる働きがあります。現場での使用頻度は高く、スタチン系の次くらいだと思います。

【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ベザトールSR(べザフィブラート)
べザリップ(べザフィブラート)
リピディル(フェノフィブラート)
トライコア(フェノフィブラート)
ビノグラック(クロフィブラート)
リポクレン(クリノフィブラート)

ニコチン酸系
中性脂肪を低下させ、コレステロールも排泄促進し低下させます。また、HDLコレステロールは増加させる働きがあります。
私の現場では、ユベラがよく使われています。

【薬剤例(カッコ内は成分名)】
ユベラN(トコフェロール)
ペリシット(ニセリトロール)
コレキサミン(ニコモール)

多価不飽和脂肪酸
高純度の魚の脂からなる製剤で、中性脂肪を下げてくれます。青魚で有名なEPA(イコサペント酸エチル)製剤です。
最近では、EPAとDHA両方配合されたロトリガもよく使われるようになりました。

【薬剤例(カッコ内は成分名)】
エパデール(イコサペント酸エチル)
エパデールS(イコサペント酸エチル)
ソルミラン(イコサペント酸エチル)
ロトリガ(オメガ-3脂肪酸エチル)

その他にも、陰イオン交換樹脂系、プロブコール系、植物ステロールなどありますが、私の現場での処方はほとんど見かけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする